TOP > 法律相談豆知識一覧 > 裁判員裁判とは

 裁判員裁判とは

 裁判員裁判とは一定の重大な犯罪について,一般の国民の中から選ばれた裁判員が裁判官とともに刑事訴訟手続に関与する制度のことをいいます。
 まだ,裁判員裁判についてよく分からない人も多いと思いますので,簡単な質問形式で説明していきましょう。 

Q1 そもそも何のために裁判員裁判をするの?

→A 国民が直接裁判に関わることにより,国民の司法に対する理解や裁判の正統性に対する信頼を高め,より国民に近く,信頼される司法を実現するために導入されました。分かりやすくいうと,国民の声を裁判に反映させようということです。

 Q2 どんな事件が裁判員裁判の対象になるの?

→A (1)法定刑が死刑又は無期の懲役若しくは禁錮に当たる罪に係る事件,(2)法定合議事件のうち故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪に係る事件などが対象になります。具体的には,殺人罪,傷害致死罪,強盗致死傷罪,現住建造物放火罪,身代金目的誘拐罪などです。つまり,国民の関心が高く,社会的影響も大きい重大事件が裁判員裁判の対象になることが予想されます。

 Q3 私も裁判員に選ばれるの?

→A はい。欠格事由(心身の故障のため裁判員の職務の遂行に著しい支障がある者や禁錮以上の刑に処せられた者等)や就職禁止事由(国会議員,警察官,裁判所の職員,自衛官等),不適格事由(被告人又は被害者の親族,事件の証人等)に該当しない場合は選ばれる可能性があります。

 Q4 どうやって裁判員に選ばれるの?

→A 衆議院議員の選挙権を有する者から,無作為抽出の方法により選ばれた候補者を母体として選任されます。まず,候補者に選ばれた人には,裁判所から通知が来ます。そして,候補者は,裁判が始まる前に裁判所へ呼び出され,アンケートや面接(簡単なもの)を経て審査された上で,抽選によって選任されます。

 Q5 裁判員に選ばれたら辞退することはできるの?

→A 原則として辞退はできません。但し,例外的に70歳以上の方や学生,過去5年以内に裁判員になったことがある人,過去1年以内に裁判員候補者として選任手続に出頭したことがある人,重い病気や怪我の人,同居の親族の介護をしなければならない人,社会生活上重要な用務がある人などは辞退することができます。
 なお,辞退ができるかどうかは,それぞれの人の事情を検討し,裁判所が判断することになります。

 Q6 一つの裁判では,何人が裁判員として選ばれるの?

→A 原則として,裁判官3人,裁判員6人が一つの裁判体として構成されます。例外的に,事実関係に争いもなく,事件の内容が単純で当事者に異議がない場合などは,裁判官1人,裁判員4人で裁判体が構成されることもあります。

 Q7 1年間でどれくらい裁判員裁判が行われるの?

→A 平成20年のデータから見ますと,全国では年間約2300件,長野では年間約20件,松本で20件くらいが裁判員裁判となるようです(長野県では長野本庁と松本支部の2カ所で開かれる)。

 Q8 裁判員は,一体,何をするの?

→A 大きく分けて,(1)公判に立ち会う,(2)評議・評決をする,(3)判決宣告をすることです。
 このうち(1)公判に立ち会うとは,証拠書類を取り調べるほか,証人や被告人に対する質問を行います。裁判員から証人等に質問をすることもできます。
 次に,(2)評議・評決とは,事実を認定し,被告人が有罪か無罪か,有罪だとしたらどんな刑をどれだけ科すかを話し合って決めることです。評議を尽くしても意見が一致しない場合は多数決となります。但し,裁判員だけによる意見では,被告人に不利な判断(例えば有罪)をすることはできず,裁判官1人以上が多数意見に賛成することが必要です。
 最後の(3)判決宣告で裁判員の方の任務は終了です。判決の宣告は裁判長が行います。

 Q9 法律のことは何も分からないけど,裁判に参加できるの?

→A はい。裁判員に選ばれても特別,事前に勉強してくる必要はありません。裁判の中で,直接自分の目で見たことや耳で聞いたこと,思ったことや感じたことをもとに意見を交換し,有罪か無罪か,有罪の場合には量刑を判断してください。

 Q10 裁判員に選ばれると,日当や旅費はもらえるの?

→A 旅費の額は,原則として,最も経済的な(安価な)経路・交通手段で計算されて支払われます。場合によっては,宿泊費も支払われることもあるそうです(家が遠い場合など)。
 また,日当の具体的な額は,選任手続や審理・評議などの時間に応じて,裁判員候補者・選任予定裁判員については1日当たり8000円以内,裁判員・補充裁判員については1日当たり1万円以内で,決められます。