TOP > 法律相談豆知識一覧 > 消滅時効とは

消滅時効とは
 お金を貸したり仕事を請負ったりして,請求する側でありながら,相手がなかなか払ってくれないと,面倒くさくてそのままにするか,毎月請求書を送り続けるだけにすることがよくあります。
 これは,たいへん危険なことで,そのままにすると-定の期間の経過により請求できなくなります。これを消滅時効といいます。

 いくら権利があっても,それを行使しない者を法は保護しないという考えによるもので,異論のあるところではありますが,民法によって定められています。
 従って,請求は早くにして相手から支払いを受けられるように内容証明郵便で請求したり,調停や支払督促や訴訟などの手段を取る必要があります。とにかく「始めれば半分終わり」の格言のとおりで,考えるほど面倒でもありません。早い解決は,それだけ悩みも少なくなり,本来の仕事に集中できます。また,早い段階ほど解決のための費用も安く済みます。

権利が時効によって消滅する期間は,次のとおりです。

  • 一般の債権(貸金や売買代金など)……10年
  • 会社や商人の債権……5年
  • 工事の代金……3年
  • 農産物を売ったり、商人が売った商品の代金……2年
  • 塾やレッスンの費用……2年
  • 運送費など……1年
  • 旅館や飲食店の宿泊費・飲食費……1年
  • 交通事故などの不法行為によるもの……3年

    とにかく、早く法律相談を受けるにこしたことはありません。