TOP > 業務案内 > 相続や遺言をお考えの方へ

相続や遺言をお考えの方へ

相続の注意点

 相続は,人の死亡によってその財産上の権利義務が相続人に包括的に承継されることを言います。
 義務も承継されますので,多額の負債(借金など)のある場合は,相続放棄を検討する必要があります。これは死亡を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に手続きしなければなりません。兄弟姉妹までする必要があります(但し,配偶者や子の相続放棄を知った後3ヶ月以内)。早めの相談が必要です。
 借金がないか,少ない場合は,相続人で協議して相続人の確定,遺産の範囲,分け方を決めることになります。
 協議が難航したり,協議がまとまって分割協議書を作る段階では,法律事務所に相談されることをお勧めします

遺言のすすめ

一生懸命働いて築いた土地・建物や預貯金や株式などの財産をめぐって妻や子どもたちの間で争いが起こることになっては,死んでも死に切れません。自分の場合は大丈夫だとか,面倒くさいという理由で何もしないでおくと争いが生じるものです。妻に1/2,あとの1/2は子どもたちで分けるという法定相続分どおりでいい,という場合でも分け方を巡って意見が対立することがあります。

 普段仲の良い親子・兄弟であっても,財産がからむと一変します。まして,相続人の間に,もともと対立しやすい構図(例えば,先妻と後妻のある場合,夫が先に死亡している場合,内縁の場合など)がある場合は言うまでもありません。

 これらの紛争や対立を予防するのが遺言であり,その効果はてきめんです。また,遺言によって自分の遺産が第三者から守られる場合もあります。

 遺言書の作成方法は簡単です。ご依頼があれば,法律事務所で保管もできます。毎年正月に遺言書を新しく書く人もおられます。是非ご相談ください。