TOP > 業務案内 > 隣家との紛争の対処法 ― 道路・通行の問題 ―

隣家との紛争の対処法 ― 道路・通行の問題 ―

言うまでもなく,公道から自宅に出入りするためには通行するための道路(通路)が必要です。道路を通行することは生活にどうしても必要なことです。ところが,日常何気なく通っている道について自分の権利がどうなっているのか考えたことのある人は少ないのではないでしょうか。

 ある日,隣や近所の人が道路の所有権を主張して道路に構造物を作ったり,障害物を置くなどして通行が困難になることがままあります。このときに初めて道路や通行に関する法的権利に気付かされることになります。
 登記簿上の所有権や公図の境界線を根拠にこのような妨害を受けたり,受けそうになったりしたときは,できるだけ早くしっかりした弁護士に相談しなければなりません。道路の所有者との間で通行についての地役権や賃借権の設定があれば,このような紛争は生じにくいし,生じても簡単にその妨害を排除できますが,そのような明確な権利がない場合であっても妨害を止めさせることはできます。
 袋地通行権や通行の自由権,道路所有者の権利の濫用に基づく反射的通行権,場合によっては土地の時効取得などの法的権利が根拠となります。
 自宅への道路の通行は,そのままにしておくと子や孫にまで引き継がれる紛争になります。自分の代にきちんと解決しておきましょう。そして,そのためには妨害の既成事実を作られてしまう前に,早く相談して下さい。