TOP > 業務案内 > 医療過誤

医療過誤

病気や怪我を治すために医者にかかったのに,死亡したり,より症状が重くなったり,あるいは新たな障害を負ったりすることがよくあります。
これは本人にとっては勿論,家族,親族にとっても不本意で残念無念なことです。
医師が丁寧に治療し,最善を尽くしたにもかかわらず,このような結果になったのであれば,気持ちも楽になりますが,医師の態度が尊大で,治療もおざなりだという場合は,気持ちが納まりません。

 この場合に,医師や病院に対し,損害賠償の責任追及ができるかどうかが問題となります。病気や怪我の程度,経過と治療内容などの事実関係から医師の過失があるかどうかによることになり,その判断基準は,診療当時の医療水準とされています。

 どのような場合がこの基準に満たないかは弁護士と相談する必要があります。カルテを入手することもできますが,できるだけ治療の経過や,医師や看護師の発言などをメモしておくと有効です。

 医療過誤訴訟は難しい事件で,患者側が勝訴するのは容易ではありません。しかし,最近は,調停で専門の医師が調停委員として関与したり,訴訟の場合は鑑定が行われたりするため,昔に比べて患者側の申立てや訴えが通り易くなりました。