TOP > 業務案内 > 消費者金融に苦しむ方へ 

消費者金融に苦しむ方へ

当事務所では、多重債務の相談は初回無料です

 最近,一部の弁護士や司法書士が「過払いあさり」(簡単で見入りの良い過払い金の返還事件だけ受任し,その他の厄介な債務整理は依頼者本人にやらせる)で不当に高額な報酬を得ていることが報道され,社会的な批判を浴びています。また,司法書士などを雇って,多数の借金問題の相談を受けている「支援センター」などもあります。これは弁護士法違反の疑いがあります。
 また,着手金などが払えないために,相談した法律事務所から断られる人も多いと聞きます。
 当事務所は,依頼者とよく相談協議しながら,その人にとって最も良い解決方法を選び,その人の生活の再建を支援します。
 着手金などがない場合は,法テラスの民事法律扶助によって立て替えを受けることもできるのです。解決方法は必ずあります。ご相談下さい。 

消費者金融やクレジット会社に利息を払いすぎいてませんか?
利息制限法では,次のように上限利率が決められています。

10万円未満の融資          年利20%
10万円以上100万円未満の融資  年利18%
100万円以上の融資         年利15%

この利息を超えた部分は元金に充当されます。したがって,負債額が減ります。
さらには,長期間の取引の場合は,すでに元金を払い終わって過払いになっていることがあります。その場合,交渉又は裁判で取り戻すことができます。

当事務所で扱った事件では,次のような例があります。  

  20年以上前から,夫が消費者金融から借入れるようになり,妻もその返済と生活費のために借入れるようになった。二人の返済額は月十数万円にのぼった。毎月苦しみながら返済してきたが,ついに払えなくなってしまった。その時点での消費者金融の残債務は夫と妻それぞれ200万円あった。
  困って当事務所に相談した結果,二人とも過払いであることが判明し,交渉や裁判で取り戻すことができた。夫には430万円,妻には800万円が戻り,安心した老後を送ることができることになった。

 このほかにも,生活を切りつめ,何とか支払いをしていたが,支払いの必要がなくなったうえ,払い過ぎた分が戻り,生活の立て直しができた方々が多数います。