TOP > 事務所の活動一覧 > 「教職員のいのちと健康を守る第22回全県学習交流集会」において講演を行いました

「教職員のいのちと健康を守る第22回全県学習交流集会」において講演を行いました

講演する一由弁護士 平成30年6月2日、一由弁護士が、長野県高等学校教職員組合主催の「教職員のいのちと健康を守る第22回全県学習交流集会」(松本市)において、「過労死の実情と予防について~教員の過労死を生み出さないために」というテーマで講演を行いました。

 長野県でも、自己申告制ではありますが、これまでほとんどなされていなかった労働時間の把握が実施されるようになっています。

 教員の置かれている労働環境や労働時間管理のずさんさ、教員の過労死、過労自殺等公務災害事件の実情や訴訟の実例等についてお話させていただきました。